1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝 百歳バンザイ! \(^-^)/バンザーイ

百歳 \(^-^)/バンザーイ

縁側おばあさん


今日は、“百歳のおばあちゃま”の話を書きます
今日の主人公は当院○田事務長のおばあちゃまです

先日の全体朝礼で○田事務長が
『おばあちゃまの百歳のお祝い』についてお話をされました
【○田事務長の話】

先日、私の祖母が百歳を迎えました。長寿社会になったとは言え、
家族の百歳を祝うという滅多にない経験をしたので、少しお伝えしてみます。
やっぱり、まだ百歳まで生きる人は珍しいしおめでたいことなんですね。
岡山県知事は代行でしたが、浅口市長は自らが表彰状と記念品、
金一封を持参してわざわざ自宅までお祝いに来てくださいました。
お供の人もそれぞれ2~3人付いて来られましたから大勢でした。
某新聞とケーブルTVも2社来ましたから10人くらいの訪問者で、
お婆さん(祖母と言わず、あえてお婆さんと言います)は
何事かいなと「このもんらは誰なら?わたしゃーどうしたん?」と、
現実がなかなか理解出来なかったようです。

お婆さんはもうその数が少なくなった明治生まれです。
明治、大正、昭和、平成と4代を生き抜いて来ました。
自転車にも乗れなかったので、良く歩きました。
今の人では考えられないような距離を平気で歩いていました。
そして、質素ですが規則正しい食事と生活をしていましたし、
ストレスも比較的少なかった人生のように思えます。
考えてみれば、長生きできる典型的な生活スタイルで、
人生を過ごしてきたように思えます。
それに比べて現代に生きる我々は、逆の生活パターンがとても
多くなっている場合が多く、多くの学者が言うようにこの超高齢化社会も
いつまでもは続かないという予測が私は当たっているように思うのですが、
皆さんはどうでしょうか。
何はともあれ、百歳を過ぎたら1年生きながらえることが難しいしすごいことなので
これから先は次の一歳一歳がお祝いだとのことです。
こうなったら、次は百一歳の誕生日を迎えられるよう家族で支援していこうと思います。


と、素敵なお話で 職員一同朝から清々しい思いをしました。

長寿になったとはいえ、なかなか百歳のお話を聞くことは珍しいです。
元気にお過ごしいただき、来年も是非『百一歳のお祝い』のお話を
聞かせていただくことが出来ればと思っています。


             栄養管理部 目指せ百歳! ぐふ☆うーろん  
スポンサーサイト

テーマ : 医療業界
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

watanabe0901

Author:watanabe0901
当院は昭和58年の創立以来、「尊い命を大切に」をモットーとし、消化器疾患を中心に専門的かつ高度な技術を要する治療を数多く手がけ、患者さまの立場に立った、心の通う医療を心がけてまいりました。
全職員が一つになって、皆様が元気で日々輝き、長生きしていただくためのお手伝いを誠心誠意させていただきます。「訪れると心も体も安らぎ、癒される」と言っていただける病院であること。それが私達の願いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。